勉強をしました。運動は心身の健康に効果がありますが場合によっては、けがや病気を引き起こすことがあります。運動中にけがをすることがあります。

とくに多いのは捻挫、骨折、創傷です。種目別にけがの原因をみると、バスケットボールやサッカーでは「転倒」、ラグビーでは「タックルしたとき」、バレーボールでは「着地したとき」、バドミントンでは「ひねり」、ソフトボールでは「受けそこなう」、柔道では「投げられたとき」、剣道では「転倒」の発生がもっとも多くなっています。

また、体調や環境条件によっては、運動中に心臓発作や熱中症などの病気を引き起こす危険性もあります。運動を始める前には、内容を必ずチェックして安全に運動をおこなうことが大切です。

服装の点検は天気、気温、湿度などにあった服装をします。おこなうスポーツにふさわしい服装をします。装身具をはずします。

使用する場所、施設、用具の状態などを確かめます。運動する直前だけでなく、日ごろから健康診断を受けたりするなど、自分の健康状態をチェックしておくことが大切です。シミ・そばかす・ニキビ跡に効果的